2012年12月31日

2012年を振り返って

久しぶりのブログ記事です。
最近はTwitterがメインとなってしまい、じっくりと記事を書くブログがちょっと疎遠になってしまいましたが、細々でも続けていくつもりです。

さて2012年を振り返ると、今年は良い年だったと言えるでしょう。

仕事面では2011年と違い、通年に渡って仕事もあったため、趣味にお金を掛けることも出来ました。
その趣味ではTulipの40周年ライブを含め多くのライブを見に行く事も出来、新たな出会いも出来ました。
ただ家庭環境は、父親が介護認定から始まり、老人ホームにお世話になるなど大きな変化がありましたが、大きなトラブルもなく、私の負担も減ったということはやはり良い方向に事が進んだと言えるでしょう。

ただ全てが良い訳ではなく、健康面では胃の調子が悪くなり、胃潰瘍の疑いがあるということですが、これは良いことばかりに浮かれていないで歳を考えろという忠告なのでしょう。

さて来年はどんな年になるのか判りませんが、大晦日に「良い年だった」と言える一年にしたいと思います。
posted by goblin at 23:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・思いつくまま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月12日

コンビニでの言葉遣い

言葉というのは時代と共に変わっていく、というのは判っているので「ら抜き」言葉(食べられる→食べれるetc.)とかにうるさくいうつもりは無いですけど、コンビニなどではちょっとイラっと来る言葉遣いを耳にすることが多い気がします。

先日も近所のコンビニで638円だったかの買い物をして、細かいお金がちょうど638円あったので支払ったところ、「638円からでよろしかったでしょうか」と言われました。

まず「1000円からお預かりします」というのはまだ判りますが(本当はこれも1000円をお預かりしますが正しいはずですが)、ちょうどの金額なんだから「〜からで」というのは変ですよね。

あと「よろしかったでしょうか」と言われても、ちょうどなんだから、これ以上どうしようないと思うんですけどねぇ。

従業員はどういう意味で言っているのか、すごく気になります。
まあ深くは考えてなく、1000円札と同じように言っているだけだと想像しますけど。

そして一番イラつく言い方が「よろしいでしょうか」でなく「よろしかったでしょうか」と過去形の言い方ですね。
なんか責任逃れみたいな雰囲気がして、すごく嫌な感じです。

ちなみに最後には「レシートのお返しです」となりましたが、レシートは預けていないんですけど…と心で突っ込んでいました。


まあ自分も変な言葉遣いをしていることが多々あると思うので、充分に気をつけていきたいとは思っています。
posted by goblin at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・思いつくまま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

住基カードを更新

といっても、今までのカードの有効期限はあと3年程あるので、単に新しいカードにしたかったというのが本音です。

何が新しいかというと、なんと最近の住基カードはQRコードが付いているんです。

このことは、先週iPhone 4Sを予約にソフトバンクショップに行ったのですが、ソフトバンクは本人確認に住基カードは使えないことに気づいて、その時の会話で「あっ、住基カードはダメなんですよね。」と言った所、「QRコードが付いているのならいいんですけど」というやり取りで、初めて知りました。

そのあと、世田谷区役所に電話すると、セキュリティ強化なので写真があれば無料で更新してくれるということでした。

カードを交付後、どんな情報がQRコードに記録されているのだろうとワクワクしながらiPhoneのアプリでQRコードを読み取ってみたのですが…、印刷されている情報の一部だが記録されてました。
ちょっと期待はずれでしたねぇ。

まあQRコード自体だけがセキュリティの強化では無いので、そんなものかなという感じですね。

ちなみにソフトバンクのサイトには、QRコード付き住基カードが本人確認に使えるとは書いていないのが、ちょっと気になるところです。
posted by goblin at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・思いつくまま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月31日

チャレンジ精神

若い頃は「可能性」という言葉が好きでいろんなことに挑戦してきたつもりです。
でも、歳を取って守りに入ってしまったというか、面倒くさくなってしまい、チャレンジすることが少なくなったなぁと最近は特に思います。

新しいスキルを身につけようと、iPhoneアプリの本とかVisual C++の本とかを買ったりしても、本を読むだけで実際の行動に移すことが少ないですねぇ。
なんでだろうなぁ。

このブログも今では月に1記事というペースで、かつては4つのブログに記事を書いていたエネルギーはどこに行ってしまったのかというぐらいです。

何かをやろうとする気力が落ちたのは、ひょっとして更年期障害なんでしょうか。

それでも「継続は力なり」というか、どちらかと言えば意地で、この記事を書いてますけど、出来ればもう少しペースを上げたいです。

でもTwitterをやっているというのはチャレンジ精神の表れなのかな?
posted by goblin at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・思いつくまま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月13日

浄水器が寿命?

自宅で使用している赤井電機の浄水器MS-900UVに「u-CHAnGE」に表示され、使用するときに注意を促す音がピッ・ピッ・ピッと鳴るようになりました。

流量も上限の6000リットルに近かったので、フィルターを交換し、リセット処理をおこなったけど、表示はと注意音は変わらないまま。
う〜ん、10年程前に購入した物なので取扱説明書もどこにあるか判らない…。

ひょっとしたら何か教えてくれるかもと、フィルターを購入したショップに聞いてみたところ、調べて折り返し連絡くれると言うことでした。
いやー、こういうサポートは嬉しいですね。

さて、原因はどうも殺菌用UVランプが寿命になったみたいです。
まあ10年も使ってますからねぇ。

ただUVランプの交換はメーカー送りでしかも相当高額らしく、水道水を通しているなら、わざわざUVランプ殺菌しなくても殺菌されているのでそのまま使っても問題ないですよ、というアドバイスでした。

UVランプを交換するぐらいなら、安い浄水器を新たに購入した方がいいと思いながら、取りあえずはこのまま使用することにします。

posted by goblin at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・思いつくまま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月31日

電力問題に思う

あの大震災以来、節電や原子力発電などの電力問題が話題になっています。

原発に頼らず自然エネルギーを使う発電として、太陽光発電や風力発電などが検討されていますが、もっといろいろな発電方法に注目していって欲しい気がします。

確かJR東日本が改札を通る人の振動で発電するシステムを東京駅かどこかで試していたと思いますが、無駄になりそうなエネルギーってもっとあるんじゃないかと思うんですよね。

例えば排水するときの水で水車を回すみたいなのは、高層ホテルの浴槽の水を流すことを考えれば相当なエネルギーになりそうです。
でも決定的なものにはならないのは分かっていますけど…。

あと発電だけでなく、蓄電でも何かいい方法があればいいんですけどね。
ビルの壁に、リチウムイオン電池を断熱材代わりに埋めこんでおいて充電するとかはどうかな?

まあ頭の良い人が既にいろいろと考えていると思うので、私にできることと言えば節電するだけですね。
出来ればLED電球がもっと安くなってくれると嬉しいんですけど。
posted by goblin at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・思いつくまま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月10日

LED電球を試しに購入

普通の白熱電球に比べて、まだまだ割高感のあるLED電球ですが、寿命の長さや消費電力の少なさなどを考えれば交換した方がいいかなぁと思い、取り敢えず1個だけ購入しました。

しかし、ここ数年のLED電球の進歩を見ると、すごいですね。

出た当時は白熱電球に比べてサイズが大きく、重くて、しかも配向角が狭く、直下の部分しか明るくならないというものでしたが、最近は配向角も広くなり、放熱用のフィンもなくなってホコリの心配も少なくなっているみたいです。

そういう意味では、もう数年待ったほうが良いと思えますが、自宅で交換対象となるの白熱電球はトイレと階段、廊下の3箇所しかなく、配向角を気にする場所でないトイレのをLED電球に交換してみました。

購入したのは東芝のE-COREというシリーズのLDA7Lです。

明るさは全光束で485lm(ルーメン)ということで、白熱電球の40W相当するらしいです。
でも下半球光束は446lmで、直下の明るさは白熱電球60Wに相当するみたいで、これがLED電球の明るさを分かりにくくしているですよね。

じゃあ実際はどれくらいなの?ということを実際に判りたくて、試しに購入したというのが本当のところです。

それで交換してみての感想ですが、トイレみたいに小さな空間で、取り付け位置がほぼ天井という場合は直下の明るさを信用した方が良いですね。
60W相当の明るさなので、めちゃくちゃ明るくなってしまいました。(苦笑)

でも、LED電球はどんどん改良されてくるみたいなので、他の場所のを交換するのはもうしばらく様子をみるつもりです。

商品紹介(amazon)
TOSHIBA E-CORE(イー・コア) LED電球(フィンレス構造・E26口金・一般電球形7.2W・白熱電球40W相当・485ルーメン・電球色) LDA7L
posted by goblin at 02:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・思いつくまま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月31日

激動の3月

今日で3月も終り、明日からは新年度の開始になりますが、今年は従来とは全く違った雰囲気です。

3/11の東日本大震災による被害で原発がやられ、計画停電、買い占めによる品不足、放射能に汚染された水道水などいろいろなことが起きています。

それに伴う自粛ムードもありますが、そろそろ年度が変わったことをきっかけに自粛を見なおしていく必要があるのではと思います。

自粛することで誰にどんな良い効果があるのかを考え、意味のない自己満足的な自粛はやめて、はやく日本全体が災害前の生活に戻るようにしたほうが良いのではないでしょうか。
posted by goblin at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・思いつくまま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

本を買いに行って思うこと

普段はamazonなどで本を購入するのですが、発売前の予約だとお急ぎ便の対象外で、発売日でもお急ぎ便の対象外だったので、どうしても発売日の今日中に読みたくて、書店で購入することにしました。

近所のサミットストア内にあるG店に行ったのですが、入荷していないとのこと。

取り寄せするなら5日後ということだったので、そんなに遅いのならamazonでも充分なので、別の書店をあたることにし、経堂のB店に行ったところ、平積み状態で売っていたためすぐに手に入れることが出来ました。

昨今、書店がどんどん少なくなっていますが、今までは万引きとか在庫が原因だと思っていましたが、ひょっとしたら違うのかもしれないという気がしています。

取り寄せが、注文してから5日後というのは現在の物流システムを考えると、あまりにも時間がかかりすぎます。

ネットの書店と比べると在庫数では書店は勝負にならないのは確かです。
でも書店での利点は、平積みしてある本を何気に手に取ることが出来る、立ち読みが出来るということだと思います。

電子書籍というのもメジャーになりつつある今、もっと消費者よりの対策を取ることが書店の生きる道なのではと思えます。


新年最初の記事が硬い内容になってしまいましたが、今年もよろしくお願いします。
posted by goblin at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・思いつくまま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

象印の加湿空気清浄機

象印の加湿空気清浄機「PD-AT12」を購入して、使用してから約1ヶ月半。
使ってみての感想を記してみたいと思います。

結論から言うと、5段階評価なら1というところですね。
失敗したなぁという気分です。

他の商品と比べて、サイズが小さいということで購入したのですが、やはり空気清浄機ではメジャーでないメーカーのためか、機能的には詰めが甘いという感じです。

まず、前面から吸気して背面からきれいな空気を吹出すというシステムは、壁に付けての設置が出来ません。
取扱説明書には30cm以上離してくださいとありますが、これでは部屋の片隅に置けないです。

それとセンサーが花粉とホコリにしか対応していなく、臭いやガスには感知してくれません。

あとお手入れが面倒というか、加湿フィルターを中性洗剤につけ置き洗いして、陰干しして乾燥させなければならないのですが、この間は使用することが出来ません。
(夏季などで加湿機能を使わない場合でも、加湿フィルターはつける必要があります)

特に加湿フィルターは自分にとって致命的な感じです。

まあ今回は店頭で商品を見て比較などせずに、ネットで購入したということが失敗の原因があったかなと思っていますので、やはり事前調査は充分に行わなければと肝に銘じたいです。

posted by goblin at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・思いつくまま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月04日

条件付き確率の問題

先程の記事で条件付き確率の問題を知ったと書きましたが、どんなものかと言いますと

『私には2人の子供がいます。一人は男の子で火曜日に生まれました。もう一人の子供が男である確率は』

というもので、答えは 1/2 ではなく 13/27 になるそうです。

まずこれを簡単にして

『私には2人の子供がいます。一人は男の子です。もう一人の子供が男である確率は』

で考えると、1/2ではないというのが判ります。

いわゆる順列・組合せで、2人の子供は第1子・第2子の順に並べると
 1. 男の子・男の子
 2. 男の子・女の子
 3. 女の子・男の子
 4. 女の子・女の子
の4通りになります。

一人は男の子なので4番目のケースはないので、もう一人の子供は、1番目のケースが男の子、2番目と3番目のケースが女の子となるので解答は 1/3 ということです。

これを同じように火曜日という条件を考慮すれば 13/27 になるらしいんですけど、未だに理解はできても納得できない状態です。

だって、頭の中で「何曜日に生まれたって、もう一人の子供には関係ないだろ?」がずっと渦巻いているんです。

サイコロを2回振る場合、2回とも「1の目」が出る確率(1/36)と、1回振って「1の目」出た後に次に「1の目」が出る確率(1/6)は違うって言うのも、自分は最初は戸惑いましたから…

確率って難しいです。
posted by goblin at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・思いつくまま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

昭和は遠くなりにけり

ふと気づいたんですけど、平成ももう22年が経っているわけですが、今44歳の人がちょうど昭和の人生と平成での人生の長さが同じになるんですよね。

そういう自分は昭和が29年で平成が22年ですから、まだ昭和の方が長いんですけど、感覚的には昭和が8割ぐらいの感じです。

よく歳を取ると時間の流れが早いっていいますけど、やっぱり"青春時代"を過ごしてきたときが、いろんなことがあって密度的にも濃いため、一番に感じるんでしょうね。

それに引き換え、今は毎日同じようなことの繰り返しみたいだからなぁ。

できれば自分史に感動が残るような生き方をしたいですね。

posted by goblin at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・思いつくまま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月10日

台風による豪雨

昨日の台風9号による豪雨で、各地で浸水などの被害が起きたようですが、昔と違ったなあと思うのはニュースによる報道だけでなく、一般人によるTwitterなどでの情報が多くあったということです。

千葉駅前の写真もみましたが、凄かったみたいですね。

しかし最近の気候は、猛暑日が何日も続いたり、ゲリラ豪雨があったりと過激というか極端になってきている気がします。

もう少し穏やかな変化であれば、日本らしい気候になると思うんですけどねぇ。

やはりこれは地球の人間に対する罰なんでしょうか。
posted by goblin at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・思いつくまま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月03日

○○の日

この間、行きつけの焼き鳥屋さんに行った時のことですが、大学生のバイトさんと夏休みはいつまで?みたいな話をしていたら、21日から学校ですということでした。

自分が学生の時は(大学は違いますが)敬老の日が明けた16日からだったよと言ったら、私たちも敬老の日までが休みですとのこと。

ん?と思ったら9/20が第3月曜で敬老の日なんですね。
いや〜恥を書いてしまいました。

昭和生まれの身としては、敬老の日は9/15日、体育の日は10/10、成人の日は1/15みたいに固定で覚えたのがどうしても残ってしまっているみたいです。

あっ、海の日はもともと7/20だったというイメージが弱いので、7月の第3月曜で覚えていますけど。

まあ連休を無理やり作ろうとして、第2や第3月曜を休みにするものだったと覚えていますが、やはり「○○の日」というのは日付固定のほうがいいような気がするのは、やはり昭和生まれだからでしょうか。
posted by goblin at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・思いつくまま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

G対策

え〜、Gと言ってもゴルゴ13ではなく、最近は1年中見かけるあの黒く、コソコソと動きまわり、嫌われている"あの虫"のことです。

なんでも最近では進化してきて、殺虫剤の耐性をもった「スーパーG」というものも出てきているということで、なかなか退治するには手がかかるようになってきました。

特に黒いヤツよりも茶色いヤツのほうが耐性が高いみたいです。

それと学習能力が相当高いらしく、同じメーカーのものやおなじみの場所においておくと効果がだんだんなくなってくるそうです。

どうりで最近はGホイホイやコンバットで減らないなぁと思っていたんですけど、そういう訳だったんですね。

ちなみに物理的な対策としては、スリッパや新聞紙でなく、カビキラーをかけるようにしていますが、これが案外効くんです!

ちょっとかかるだけでもすぐ弱まるので、動きが鈍くなったところで、さらにシューッとすればOKなので、試してみてはどうでしょうか。

あとワインを小さな洗面器みたいなものにいれておくと、匂いに誘われて浸かってしまい、溺れ死んでしまうという対処法を昔聞いたのですが、これって本当に効果があるんでしょうか?

試された方がいれば、効果の程を教えてもらえると幸いです。

100円ショップとかでワインを手に入れることが出来たら試してみようかなぁ。
posted by goblin at 01:09| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記・思いつくまま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

夏の贈り物

子供の頃、このシーズンになるとお中元で届くカルピスとか水ようかんやフルーツゼリーが食べられたことが嬉しかったです。

そんなに裕福ではなかったので、普通のカルピスはあっても、オレンジ味やグレープ味のは買ってもらえなかったです。

そして、みつ豆やあんみつ、フルーツゼリーはこういうときしか食べられないという感じでした。
(メロンは入院した時に食べるものと同じようなものです)

そういう記憶があるので、大人になってお中元で人様に贈るとなると、調味料詰合せとかよりも涼味詰合せを選んでしまいます。

なんと言っても「涼味」という言葉のひびきが良いですよね。
posted by goblin at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・思いつくまま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月13日

自転車のルールを守らない人

最近自転車に乗っている人のマナーの低下というか交通ルールを守らない人が多くなってきた言うことをヒシヒシと感じます。

音楽を聞きながらとか携帯で話しながらというものありますが、もっと基本的なことが守られていないんです。

原則として自転車は車道を走らなければならないんですが、自転車に乗っている人の安全のため、「自転車歩道通行可」の標識があるところでは歩道を走行することができます。

そして当然のこととして、歩行者優先で、徐行することになっています。

しかし、徐行はしない、「歩行者はどけ!」と言うばかりにチリンチリンとベルを鳴らすと言う走り方をしている自転車が多いんです。

そして自転車は左側通行をしなければならないのに、車道の右側を走るというバカも多くなってきていて、車道の左側を走っている自転車と衝突しそうになるという事態も起きています。

ちゃんとした自転車の乗り方を学校や、親は教えないんでしょうかねぇ。

実際、歩道を2台の自転車で並んで走っている親子がいて、子供が親の方を見ながら走っていたため、私に接触し、私が右手に怪我をしてしまったという出来事が昨日ありました。

親はすみませんと謝りましたが、子供は何も言わないまま。
よそ見しないようにと子供に注意したところ、親は子供に「よそ見なんてしていないよな?」と逆ギレする始末。

「子供はあんたの顔を見ていただろう!」と文句を言ったところで、しぶしぶ認めるという状況、まさにこの親ありて、この子供ありという感じです。

なお自転車のルールについては参考までに、国土交通省北海道開発局のサイトを紹介しておきます。

参考サイト
国土交通省北海道開発局 : 自転車利用に関するQ&A
posted by goblin at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・思いつくまま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

昔のアイデア

もう25年ほど前になりますが、会社にコピー機を扱っているX社の営業が来たことがありました。

既にC社のコピー機を入れていたため、X社のコピー機を導入することは無かったんですけど、まあ営業ですからどういうところが導入の決め手になったのかとかなどの雑談をしていていました。

その時に自分が「コピー機のデータ読み込みとスキャナって同じようなんだから、一緒に出来ればいいのに」と話したところ、その営業が次の日(だったかな)、もう少し話を聞きたいと外国人の上司を連れてきたんです。

そこでいい気になって延々と理想論をはなしたんです。

当時はコピー+プリンタ+スキャナ+FAXという複合機は無かったと思うんですけど(コピー+FAXはあったかも)、もしあのときのアイデアを知的所有権として何かに登録しておけば、今頃もっと収入が増えていたんじゃないかと思うとちょっと残念が気がします。

まあ、多分アイデア自体はメーカーは持っていて、どれほどニーズがあるかを聞きたかっただけなのかもしれませんけど。
posted by goblin at 03:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・思いつくまま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

「NHKが必要」が85%

今年の3月に、全国の16歳以上から無作為に選んだ1800人を対象に面接調査をした結果で、必要だと思うと回答が85%だったということです。

ただNHKの調査ということで、しかも面接調査ではなかなか本音を言いにくいんじゃないかと言う気もしますし、1800人というのは単純に計算しても各都道府県あたり36人ですから、ちょっと少ないんじゃないかとも思えるんですけど、統計学的にはこれで充分なんでしょうか。

まあ必要か必要でないかと言われれば必要だと思います。
ただ個人的にはまったく必要ないです。
過去に不祥事があったにせよ、それなりの役目はあると思いますから。

ここらへんの微妙なところは、この数値だけでは判りにくいですね。

まただからと言って、NHKを見ていない人からも受信料を取ると言うことには、個人的には賛成出来ません。
「自分には必要だ」と思う人からのみ、受信料を搾取すればいいんじゃないでしょうか。

まあテレビを買えば、自動的にNHKを受信出来るようになっていること自体も、正直言って納得いかないですねぇ。
有料のオプションが無条件に付いているという感じで、携帯電話で言えば三者通話の有料オプションに強制加入させられているようなもんです。

NHKを受信出来ないテレビは発売されないんでしょうかねぇ。

参考記事
asahi.com(朝日新聞社) : 「NHKは必要」85% 5年前から回復 NHK調査
posted by goblin at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・思いつくまま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

プレゼント

誕生日などのプレゼントを選ぶときって、楽しみでもあり悩みでもあるんですよね。

毎年プレゼントを贈っている相手だと、今年はうけ狙いにしようとか、実用品にしようとかでも考えますし、その上で予算とか相手の好みとかを考慮して、悩んでいる時間が楽しいんです。

逆に初めて贈る相手だと相手の好みを想像した上で、贈る自分の個性も出したいとか考えてしまいます。

そしてその結果として贈ったものが喜んでもらえたら、思わず「よっしゃー」という感じです。

最近はネットでいいなぁと思うものをブックマークしておくことも多いですけど、雑貨系だと出来れば自分の目で見て質感とかにもこだわりたい気がしますけど。

まあ何よりも贈る相手がいるということが一番喜ぶべきことなのかもしれませんね。
posted by goblin at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・思いつくまま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。